撞球


ちょっとした縁で、A級トーナメントで勝ち進むぐらい上手い人の撞きを見る機会を得た。
ビリヤード、上手い人のを見るとかなり面白かった。やっぱ下手なもん同士でやってても上達がないし、新しい技術への興味やら刺激やらもないからすぐに飽きてしまう。やるんだったら、やはり上手い人とやらんといかんね。

A級の人は、特別な技は何も使っていなかった。極めて基本に忠実であったが、その基本のレベルがどエライ高かった。

厚みとか、捻りとかを正確に撞き分けるのが基本らしい。プロでもよっぽど特殊なシチュエーションじゃない限り、マッセやジャンプショットは使わないそうだ。

基本的にはバンクショットもあまり使わない。ある的球を打つときに、押しとか引きとか捻りを使って、手玉を次の的球に対して撞きやすい位置に持っていくのが定石であり王道のようだ。
つまり、難しいシチュエーションで難しく撞くのではなく、常に簡単な局面を作り出せるように次の手を考えて撞いていくということ。難しい撞きは必要ではなく、単純な形のときに、基本どおりの技で必ず落とすことが重要であるようだ。

まあ、確かにそれはごもっともだ。ゴルフだって、強く曲げたり、ロブショットを使うような場所に打つのは失敗であって、次の一打を打ちやすいように、敢えて飛ばさずに手前の平らなポイントに止めたりするわけだしね。物事はシンプルに、簡単に動けるように、次の局面を考えていくべきというのは、何にでも共通するとても役に立つ心構えだろう。